amazonと楽天の商品リンクを瞬時に作成できるおすすめプラグインrinker

ブログ運営
スポンサーリンク
 

みなさんはアフィリエイト商品を紹介するとき、どのようなツールを使っていますか?

 

そのままタグを貼り付けているという方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方に是非おすすめしたいプラグインがあります。

 

amazonと楽天、両方の商品を表示してくれるプラグイン
『rinker』です。

 

おすすめプラグイン『rinker』とはどんなものなのか
インストール方法や、使い方などを紹介します。

 

スポンサーリンク

『rinker』とは

amazon・楽天・yahooの商品リンクを一緒に貼ることができるという便利なプラグインです。

 

rinkerを使用すると、下記画像のように表示することができます。

不要なリンクは外すこともできます。(※上記画像ではyahooを外しています。)

 

しかもわざわざamazonや楽天のページへアクセスして商品探しをすることはなく
ブログの投稿ページから商品を選ぶだけで商品リンクを挿入できてしまうのです。

 

rinkerのインストール方法

rinkerはワードプレスのプラグインページからはインストールできないので
下記のページからダウンロードしましょう。

Rinkerベーシック - rinker - BOOTH(同人誌通販・ダウンロード)
商品管理プラグインRinkerのベーシック版です。 利用規約など詳細はこちらをご確認ください サポートについては にて開発支援をくださった片にのみ行っています。

 

ダウンロードをしたら、ワードプレスでインストール→有効化します。

 

rinkerの使い方

Amazonと楽天のアフィリエイトIDの連携設定をする

rinkerをダウンロードできたら、Amazonと楽天のアフィリエイトIDを連携させるために設定していきます。

 

ワードプレス左側のメニューから
設定>Rinker設定
へと進みます。

 

まずはAmazonの設定をしていきます。

Amazonの設定は、画像赤枠のアクセスキーID・シークレットキー・トラッキングIDの3つを入力します。
上記の3つは、Amazon Product Advertising APIの認証キーを取得から確認できます。

 

次は楽天の設定をしていきます。

楽天の設定は、画像赤枠のアフィリエイトIDを入力します。
アフィリエイトIDは、楽天のアフィリエイトIDから確認できます。

 

入力して、変更を保存したらアフィリエイトIDの連携は完了です。

 

次は実際に商品リンクを作成していきます。

 

rinkerで商品リンクを作成する方法

ワードプレスの記事投稿画面を開きます。

すると画像赤枠の『商品リンク追加』というものが表示されるようになります。

 

『商品リンク追加』をクリックします。

 

すると検索ウィンドウが表示されます。
商品名を検索して、目的の商品の『商品リンクを追加』をクリックします。

 

すると以下のようなコードが入力されます。

コードが入力されたことを確認して
記事を投稿すると、リンクの完成です。

 

楽天は上記の検索ウィンドウで検索した文字列での検索画面への接続となります。

 

修正したい場合は

画像赤枠の『登録済み商品リンクから検索』から商品リンク先の修正や、不要なリンクの削除ができます。

 

おすすめプラグイン『rinker』まとめ

rinkerを使えば、スマートに数社の商品リンクを載せることができます。

 

amazonと楽天の商品リンクを別々に載せているという方は試してみてはいかがでしょうか。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

もし今回の記事を気に入っていただければ、ランキングのクリックや記事の購読・下の方にあるはてブ追加やSNSのフォローをお願いいたします。

励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント