神奈川県の水系パワースポット『二重の滝』について

パワースポット
スポンサーリンク
曽幅りょう
曽幅りょう

皆さんこんにちは!
曽幅りょう(@r_sobuku)です。

 

夏季休暇の間に水系のパワースポット『二重の滝(にじゅうのたき)』に行ってきました!

 

『二重の滝』は、強力なパワーがもらえるという
有名なパワースポットなのです

 

二重の滝のすぐそばには、同じく強力な浄化スポットの『大山阿夫利神社』もあり(というよりこちらがメインという方がほとんどだと思いますが)こちらの神社も参拝すると、より強力なパワーがもらえます。

今回はそんな強力なパワーをもらえるという『二重の滝』へのアクセス方法や効果についてまとめます。

 

スポンサーリンク

二重の滝の所在地

所在地〒259-1107  神奈川県伊勢原市大山
交通アクセス(バス)伊勢原駅からバスで25分(「大山ケーブル」行き 終点→大山ケーブル乗車) 
大山ケーブル「下社」から徒歩で15分
交通アクセス(車)

伊勢原市営大山第一駐車場(1日600円)
(神奈川県伊勢原市大山412)
第一駐車場から大山ケーブルまで徒歩15分程
大山ケーブルを乗車→大山ケーブル「下社」から更に徒歩で15分

 

『二重の滝』まで行くには、基本的には登山(中級)で行くか
ケーブルカーで行くかのどちらかになります。

 

登山は中級コースと言われているので、慣れている方におすすめします。

 

筆者は途中まで車とケーブルカーで行きました。

 

車で行く場合は、上記で紹介した駐車場以外にもたくさんの駐車場があります。

 

第一駐車場、第二駐車場、その他とありますが
ケーブルカーの駅に近ければ近いほど駐車料金が高くなります。

 

ケーブルカーまでそれなりに近く、料金も安いのは
上記で紹介した伊勢原市営大山第一駐車場(1日600円)かと思います。

 

伊勢原市営大山第一駐車場からさらに先へ進むと、1日1000円の駐車場などが出てきます。

 

ケーブルカーまで近いですが、やはり料金は少し高くなってしまいますね。

 

ちなみに伊勢原市営大山第一駐車場よりずっと下のほうに無料駐車場もありますが
ケーブルカーまでとっても遠いおまけに、混んでいた(筆者はお盆シーズンに行ったので他の日はわかりませんが)のであまりおすすめはできません。

 

登山コースではなくても、割と歩きますし、滝までの道でヒルが出ますので
スニーカーなどで行くのが良いでしょう。(筆者はスカートにペタンコのパンプスで行ってヒルに血を吸われました)

 

滝の前で15~20分程滞在しただけでヒルに吸われたので、筆者自身の経験から露出はおすすめしません。

 

『二重の滝』の効果・パワー

 

ケーブルカーを降りて少し歩くと、『大山阿夫利神社』が出てきます。

(写真を撮り損ねたのでお借りしています。出典:http://jin-power.com/modules/todoufuken/index.php?content_id=29)

 

神社の下には食事処などがあり、その横の階段から二重の滝へ行けるようになっています。

 

道は一応整備されているのでパンプスでも歩けましたが、少し険しいです。

 

ケーブルカーから15分ほど歩くと滝が出てきます。

 

 

二重の滝は、龍神のエネルギーに満ちた強力パワースポットと言われています。

 

かつては修行者の禊の行場で、悪い気や心を強力に洗い流してくれる浄化スポットです。

 

二重の滝のすぐそばには、二重の社と丑の刻参りで使われていたという立派な杉があります。

 

写真が下手なのでうまく伝わらないかもしれませんが
とても神秘的で言葉で表現できない雰囲気のある場所です。

 

夏でもとても涼しく、筆者が行ったときは混むシーズンにも関わらず
人もほとんどいなかったため、ゆっくりと落ち着いて観光ができました。

 

滝の前で数十分滞在しましたが、心のもやもやであったり汚いものが洗い流されるようでとても気持ちよかったです。

 

ケーブルカーを降りてすぐに大山阿夫利神社を参拝して、小道から二重の滝へ向かい自然を満喫して、食事処で食事をして山頂からの景色を楽しむのがおすすめです。

写真が綺麗に撮れなかったのが悔しいほどに、実物の見晴はもっと綺麗でした。

 

悩みがある方や、もやもやする方、パワーが欲しいという方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

もし今回の記事を気に入っていただければ、ランキングのクリックや記事の購読・下の方にあるはてブ追加やSNSのフォローをお願いいたします。

励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント