虫除けにはハッカ油が効く!ペパーミントの日にちなんでミントの効能をご紹介

○○の日シリーズ
スポンサーリンク

今日は6月20日
「ペパーミントの日」です。

 

ハッカは虫除けに効くと言われているのはご存じでしたか?

 

私はマンションの1階に住んでいるのですが
部屋を清潔に保っていてもゴキブリやハエが容赦なく侵入してくるので
よくハッカ油を使用しています。

 

本当に虫が来なくなるんですよね。

 

そこでミントの使い道や知っていると少し得するかもしれない情報をまとめます!

 

スポンサーリンク

ペパーミントとは?由来とイメージ

“ペパーミントの日”は聞き馴染みのない方がほとんどかと思います。

 

ペパーミントとはハーブの一種です。
そのペパーミントを日本語にしたものが“ハッカ”

 

ハッカと20日(はつか)の語呂合わせで
1987年に北海道北見市まりづくり研究会により制定されたそうです。

 

ハッカといえばドロップキャンディのハッカや、スースーするといったイメージが強いですよね。
爽やかな香りでお料理の香りづけに使用されたり、ハーブティーとして使用されているのはよく見かけます。

 

スーパーなどでもお手軽な値段でいろんな種類のハーブティーが売られていたりしますよね。

そんなハーブですが、意外な使われ方もしています。

 

虫除けは虫除けスプレーよりもハッカ油!

虫除けには虫除けスプレー!という方も多いかと思います。(というかほとんどそうですよね。)
虫除けスプレーも十分に効きますが、

 

・虫除けスプレーをしてもキリがない
・子供がいるから虫除けスプレーができない
・狭い部屋だからスプレーをしたら悪い空気がこもってしまう
・お皿洗いが面倒
・呼吸しづらくなる・・・

 

などなど
虫除けスプレーが簡単にできない環境にいる方もいらっしゃいますよね。

 

そんな方にはぜひ、ハッカ油をおすすめしたいです。

 

ハッカ油の効能

ハッカ油は、ミントの一種であるハッカソウを一度乾燥させてから抽出した植物油にしたもので
虫除けに効果抜群です

 

また虫除けだけでなく、除菌やリラックス効果まであるのです。

 

ハッカ油、万能ですよね。
そんなハッカ油で、安く簡単に虫除けハッカ油スプレーを作ることができるのです。

 

ハッカスプレーを低価格で簡単に作る方法

用意するもの

 

・無水エタノール 10ml(薬局などで売っています)
・ハッカ油 5~10滴(こちらも薬局で売っています)
・水 90ml(水道水ではなく、お店で売っている水)
・ポリスチレン製以外のスプレーボトル(※ポリスチレン製は溶けてしまいます)

 

のみです。

 

無水エタノールにハッカ油5~10滴を入れ
混ぜたら水を入れて更に混ぜ合わせます。

 

以上で完成です。

 

あとは虫が現れやすい場所や、網戸などに吹きかけて放置しておくと
虫が現れにくくなります。

 

しかしスプレーの効果は数日間しかもたないので
数日間で使い切るようにしましょう。

created by Rinker
北見ハッカ通商
¥882(2018/11/15 23:34:08時点 Amazon調べ-詳細)

ハッカ油の原液を垂らしても効果抜群

私は現在はスプレーにせず、ハッカ油の原液を
虫がわきやすい箇所に1~2滴垂らすようにしています。

 

部屋の隅・ベッドの下・排水溝・電子レンジやガスコンロ廻り・・・などなど
垂らすといっても1~2滴なので、1200円くらいのボトルでかれこれ半年以上はもっています。

 

しかも原液なので効果は抜群です。

 

ハッカ油を垂らすようにしてから本当に1度もゴキブリを見ていません。
原液をそのまま垂らしても高額ではありませんし、問題もありません。
液体が付着するのが気になる方はスプレータイプにしてさらに節約するのも良いでしょう。

 

まとめ

ハッカ油には本当にお世話になっています。(夏場は特に!)

 

ハッカ油で部屋に虫除けの結界を張っているような気分です。笑
みなさんもぜひ、活用してください。

読んでいただき、ありがとうございました。

もし今回の記事を気に入っていただければ、ランキングのクリックや記事の購読・下の方にあるはてブ追加やSNSのフォローをお願いいたします。

励みになりますので、どうぞ宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント